TIPS812~イメージは豊富?

812.写真を撮ること。 生活の一部になってますか?カメラをいつも持っていろ…と言ってるのではなく、写真を撮る、アートする、作品を作る、そんな目で周りを見ているか…ということです。目の前にあるのは日常の情景。絶景でもなければ、感動するものもいつも目の前にあるものではない。日常の何気ない風景を切り取る…これをいかに作品性を持たせて行うか。このことに慣れていないと、いざ絶景や感動の光景を目にした時…

続きを読む

TIPS811~昭和の情景

811.まあ、OyZは昭和の生まれですが、平成もすでに29年を刻み、そんなに時間がたっているのかと唖然とします。 今の東京の都心の情景はほとんど平成になってから開発されたとこばかりになってしまい、六本木や汐留、丸の内や日本橋も平成生まれのビルが圧倒的に多くなってますよね。古い時代のものがいいという回顧主義ではありませんが、なぜか新しいものの薄っぺらさや、わざとらしいアールデコ調のデコレーション…

続きを読む

TIPS810~伝えたい事

810.まずは数を撮ろうとお話ししています。 1万枚くらいまではやみくもに撮るのもいいと思います。その中から自分な好きなパターンや、気になる被写体が出てくれば、どんどんそこに注力していく。定番スポット、定点観測場所もできたりして、何度も同じ場所に通って写真を撮れば、自分が気に入っているものも見えてくる。自分なりのスタイルができてくるということですよね。そうすれば、だんだん撮るものを見つめ、考え…

続きを読む

TIPS809~フィルムが語る

809.前回までの記事でフィルムの話を書いてきましたが、少しマニアックすぎたようです。 難しすぎ~との指摘をもらいました。そうですね、デジタルから入った方にフィルムの話をするときは、全く初めて見るものばかりと言う感じでしょうから、フィルムで育った世代からすると、当たり前の前提がない...ということになります。例えば、明るいところでフィルムを入れたカメラをあけてはいけないとか...!それくらい知…

続きを読む

TIPS808~本当の写真の世界

808.フィルムワークショップは、モノクロフィルムの撮影もテーマです。 デジカメでは、カラーで撮ったものをモノクロにしてみることはよくありますが、最初からモノクロを意識して撮ることはあまりないかもしれません。でも、カラーの画像をモノクロで見るのは、色の情報をなくしてしまうこと。RAW現像では彩度をゼロにすればモノクロになりますよね。せっかく色の情報をとらえているのに、それをゼロにしてしまうので…

続きを読む

TIPS807~フィルムが原点

807.フィルム写真では現像、プリント(焼き付け)という作業が必要になります。 DPE...といってたの、記憶にありますか?Development - Printing - Enlargementの頭文字ですね。現像、プリント、引き伸ばし...ということ。現像はフィルムの現像ですよね。撮影されたフィルムは、シャッターが開いた時だけの光をとどめたまま、暗いパトローネ(フィルムが入っている筒状の缶…

続きを読む

TIPS806~ブローニーフィルム

806.フィルムでの撮影を久々に行います。 一緒に行くメンバーが中判カメラを使ってみたいというので、防湿庫の奥から引きずり出してみました。ゼンザブロニカS2にニッコール75mm、f2.8がついています。http://nikomat.org/priv/camera/mednikkor/bronica/bronica.html レンズはきれいなのですが、ボディーはかなりくたびれてますね。ファ…

続きを読む

TIPS805~らしい写真...?

805.夏らしい写真ってどんな写真…? そろそろ梅雨明け、東京はもう真夏の様相です。夏に撮る写真...どんなイメージをお持ちですか?かき氷や花火...?いやいや、最近では夏じゃなくても普通に登場しますよね。被写体で夏を連想させるものはいくらでもありますが、それを夏らしく引き立てるのはそこにある光と背景...。強い光に深い影、燦々と降り注ぐ陽の光やぎらっと輝く夕日の情景。そしてきらきら光る水の印…

続きを読む

TIPS804~量か質か...?

804.一回の撮影で500枚は撮りましょう...と言ってます。 なかなかそんなに撮れないよ...という意見も多いですが、同じ被写体同じ構図でも構わないので、明るさを変えて数枚撮るとか、背景の写り込みを変えてまた数枚撮るとか...。一つ被写体を決めたら、その場所で10枚くらいはいろいろ撮ってみる。まあ、この場合、動かない被写体か、言うことを聞いてくれる被写体が前提ですけどね。スナップ的に片っ端か…

続きを読む

TIPS803〜広角マジック

803.今日は広角レンズです。広角レンズは望遠レンズとは反対に距離を引き延ばす効果があります。すぐ目の前のものが、ずーっと向こうにあるように見えますよね。それほど広くないのに、ドーンと奥行きがあるように見せたり、肉眼の視野角よりうんと広く写りますので、不動産屋さん御用達ですね。天井のフレスコ画や壮大なステンドグラスを、屋内から全景をとらえたい...と言った時にも重宝します。望遠とは正反対の効果で…

続きを読む