TIPS892~目に見えないもの

892.先週になってしまいましたが、Nikonミュージアムで開催中の広田尚敬さんの写真展に行ってきました。鉄道写真という分野を築いた、鉄道写真の神様といえる方です。昭和40年台のSLを中心としたフィルム写真ですが、懐かしさと暖かさ、そしてその時代の懐の深さ、人のぬくもりを感じさせる写真ばかりです。多分、平成生まれの方が見ても同じような感情を抱くと思います。35mmの一眼レフが高価でなかなか手が出…

続きを読む

TIPS891~陽の光は春

891.昨日、三浦ツアーご参加の方、お疲れ様でした。昼間、日差しがあれば暖かく、そろそろ春の兆しでしたね。でも、日が暮れるとかなり冷え込み、冬に逆戻り。カメラのレンズが冷たくなって、さわるのが億劫になってしまいました。お目当ての河津桜ももう一息の感じでしょうか?でも、もう2月も後半ですので、例年なら十分満開の時期。やはり今年は寒すぎで開花のタイミングを逸しているようです。昼間の日差しは春ですので…

続きを読む

TIPS890~春はもうすぐ...?!

890.この冬は寒い日が続きますね。今日は少し寒さも緩んで、とてもいい天気。先週末からも何度か夕陽撮影に出かけていますが、あまりに天気良すぎてスッキリ夕陽で愛想がないとか、曇り空かのどちらかで、この時期燃えるような夕焼けや赤く反射する雲にはなかなかお目にかかれません。まあないものねだりというやつですね。もう少し手前に雲があったらとか、薄くたなびくようなのがいいとか…、星撮影の時は雲来るな~と叫ん…

続きを読む

TIPS889~ピントはどこに…?

889.キンコンの西野さん…今話題の人物ですよね。そう、「はれのひ」事件でリベンジ成人式を開き、晴れ着を着られなかった新成人を無料招待した…、まあ、いろんなことを言う人がいるみたいですが、事業化、コンテンツプロバイダーとしては成功しているといえるでしょう。その西野さんが、グサッと来るいいことを言ってました。「人は作品にはお金は払わないけど、思い出にはお金を払う。」どんなに素敵なアート作品を作り出…

続きを読む

TIPS888~スーパー・ブルー・ブラッド・ムーン

888.です!35年ぶりだそうです。スーパー・ブルー・ブラッド・ムーン…、なんでも月が地球に近く大きく見えるスーパームーン、同じ月で二回目の満月のブルームーン、皆既月蝕で赤く怪しく光るブラッド・ムーン…これが重なったとか。このブログも888回目でゾロ目の末広がりで、まあ縁起もいいかなぁーっと…。赤い月は撮ろうと思ってましたので、どこで撮るかいろいろ検討した結果、スカイツリーと絡めることにしました…

続きを読む

TIPS887~星空には晴天!

887.この週末も外房の方に星撮りを計画してましたが、明け方から曇ってくるという予報でキャンセルになりました。朝4:00ごろから東の空に現れる天の川を撮りたかったのですが、ちょうどその時間あたりから雲が出始める予報。それまでは晴天で、星はきれいに見えるはずですが、このクッソ寒いのに普通の星撮りでは意味がない…と、中止の判断になりました。ちょっと寒すぎますよね…。出かけるのがかなり億劫になってしま…

続きを読む

TIPS886~星撮り行ってみる~!

886.星撮り、予行演習できましたか?明るいところですんなりできても、真っ暗闇では大分勝手が違いますよ。さらに寒くて手がかじかんだり、三脚やカメラが凍るように冷たいと、なかなかネジが回せなかったり、重さが倍に感じられたり…。やはり現場でないと体験できないことがいっぱいありますので、何が起こっても動揺しないように経験を積まなければなりません。夜中に現地入りすることも多いと思いますので、かなり下調べ…

続きを読む

TIPS885~星撮り行きたーい

885.時期的に星撮りに行く方が多いですね。冬の澄んだ夜空にキラキラ瞬く星は見ているだけでも癒やされます。冬の星がキラキラ瞬くのは大気の温度差の影響ですね。地表の暖かい空気と上空の冷たい空気が対流してますので、空気の動きで瞬いて見えます。高度の高い場所から見ればそれほど瞬かないですけどね。高度の高い場所は気温も低く湿度も低いですので、とてもクリアに星空が望めますよね。高度の低い海岸とかなら夜でも…

続きを読む

TIPS884~代表作品

884.貴方の代表作はどんな写真ですか?その前に代表作と言える写真がありますか?写真展やるから出して…と言われて、数枚はすぐに出せる写真があればいいのですが、いやーどれも出せるような作品はないなぁ…では困ってしまいます。今のカメラ買って、1万枚は撮りましたか?いつも言ってますが、1万枚撮ればそれなりのレベルになって来ているはずですし、カメラの扱いにもかなり慣れてきたはず。それで人に見て欲しい代表…

続きを読む

TIPS883~奇跡の写真

883.ユージン・スミスをご存じですか?今、東京都写真美術館で生誕100年の写真展をやっています。 1918年生まれということですね。LIFE誌の専属カメラマンとして、ドキュメンタリー写真で様々に評価されています。特に日本との関わりが深く、奥さんは日系二世ですし、第二次大戦中は従軍記者として沖縄やサイパンで日本人も多く撮影し、70年台に水俣を撮影した写真をLIFEに発表したことにより、工場排水…

続きを読む