TIPS844〜新規開拓!?

844.巾着田、今年も圧巻でした!
もう今年で4年連続かなぁ〜?
毎年行けばまた新しい発見があります。
なんども通った場所なら、そこでどんな写真が撮れるか、イメージできるようになってきますよね。
そして新しいイメージも、そうした場所で生まれてくるのです。
冒険できるのですよね。
今回はストロボを持って行き、少し日がくれてきた時間帯で、より怪しい雰囲気の曼珠沙華を撮ってみようとしました。
毎年行く同じ場所だからできるチャレンジです。
F25733DA-F0F1-41B1-90D6-54E30AF21A52.jpg

またこの時期、去年も行ったあそこに行くのかぁ
…。
どうしようかなぁ〜、去年も行って赤い花は撮ったしなぁ…。
今年はもういっか…。
そんなふうに考えてしまうあなた!
写真がマンネリ化してますね。
そこそこのカメラも買ったし、いろいろ撮り歩いて、一通りぼかしたり寄ったり、自分ではいい感じ…、と思うような写真も結構撮れたし、もっと綺麗でカコイイ写真を撮りたいけど、次はどこに行こうかなぁ…。
いつもの花撮影やゆるもやの定番企画では、なんか同じような写真ばかりになっちゃうしね〜!
できれば行ったことのないヨーロッパの街とかがいいなぁ〜。
そう思って意気込んで行くわけですが、帰ってきて写真を見るとやっぱり変わりばえしない…。
進化が止まっていますね!
そんな方は最近あんまり写真撮らなくなってきてるのでは…?
まあ、カメラがタンスの肥やしになるのも時間の問題。
肥やしにならなくても写真撮るのは月一回くらいかなぁ〜。
1281D343-E556-4EB5-915F-6A561C6C5C3D.jpg
もっとちゃんと相棒と付き合ってください。
せっかくのカメラが、手に馴染んできた相棒がかわいそうです。
毎年行く同じ場所で同じような写真しか撮れないのは自分のせいです。
去年から進化してないのですよね。
結構勉強したり撮影に出かけたりして、一通りカメラ使えるようになったんだから、これ以上どうしろって言うの…!
そう思う方は、まだ写真の撮り方をマスターするところまで来てないわけですね。
カメラの使い方と写真の撮り方は違います。
写真を撮ると言う行為は、あなたが思い浮かべるイメージを実際の映像に再現する創作活動。
写真を創ると行ったほうがふさわしいと思います。
そしてその写真を創るために、何が必要なのか…。
写真を創るためには被写体と光が必要です。
それらは与えられるものではなく、自分で見出すもの!
そして機材をどう使うか…、カメラだけではなく三脚やストロボ。そのほかにいろんな周辺機材がありますが、それらをどう使えば良いか…。
被写体と光を見出し、イメージを実現するために機材をどう使うか…、それらの作業が写真を撮ると言うことなのですよね。
9552C07C-01F4-4CF5-A8F5-0C4955150302.jpg

そんな面倒なことやってられないよ〜、と思うかもしれませんが、それは写真を創る現場を見ていないからです。
スタジオのライティングづくりやプロの撮影シーンを是非一度見て欲しいですね。
別にスタジオ撮影とかでなくても、自然の風景を撮るのであっても、写真創りに手はかかるものです。
絶景を前に動きたくなくなるのは、いい条件が揃うまで待つと言う、作品創りの行程ですよね。
それっていつもやってますよね。
友達に置いてけぼり食わされたりして…!
写真家はそうして時間をかけ、手間をかけて作品を作っているのです。
写真を撮らない人はどんな絶景を前にしても10分で次に行ってしまう…、とよく言ってますが、風景を作ろうと言う発想がないからですね。
カメラは持っているけど、写真は撮らないひとになってませんか?
11CD9CC2-AE12-4BBA-851D-11AF75613CEF.jpg

今年も曼珠沙華は妖艶な赤に輝いてます。
去年と同じように撮るのではなく、新しい視点、新しい試み、新しいイメージが描けてますか?
赤を強調するためには暗く撮ることなのですが、もっと強調し祇園の夜道を歩く花魁のようにしたい…、そんなイメージを描きました。
ギラギラした彩度の高い赤を怪しく光らせ、周辺は夜のように暗く落とし、深く赤い背景の中に浮き立たせる…、そんなイメージを描いてどう撮るかをいろいろ思案、そして現場では試行錯誤です。
なかなかうまくイメージ通りには行きませんが、試行錯誤から得られたセッティングノウハウは、今後いろいろなシーンで活かせます。
そう、写真は撮って見ないとわからない。
その場で見られるデジカメを生かし、どんどんいろいろ変えて撮って行けば、だんだんイメージに近づいてくる。
でも納得の行くところまではほど遠いな〜!
まあ今日はこのくらいにしておいてやろう…!
39CA7EFE-202F-49AE-A306-9A5D679D1EE7.jpg

日曜の巾着田は結構な人出でした。
みんな何やってんだろうと、ストロボを地面に置いて光らせてるので、へんな目で見ている…。
まあすぐ近くでコスプレフィギュアの写真撮ってたので、その仲間と思われてるでしょうね。
巾着田は年々人が増えてきていて、今年も通路はラッシュアワー状態でしたね。
もうじっくり写真を撮ろうとすれば、休日では厳しくなってくるかも〜。
でも、三脚禁止になったり、なんでも禁止にすればいいか…、とならないように祈りたいですね。
また来年も行こう…、行けるように新しいイメージを新規開拓しよう!
何度行っても新しいイメージを追うことができる、それは写真家の醍醐味。
おっと、まだ今週末も開園中でしたね!
まだチャンスはありますよ〜!

この記事へのコメント